英会話がスキマ時間でみるみる上達できると話題のネイティブイングリッシュ。

そんな評判のネイティブイングリッシュですが、効率的な勉強方法をご紹介したいと思います。

ここで紹介する方法を使えば、初心者さんでもどんどん英会話が上達していきます。

また、やってはいけない使い方も紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

ネイティブイングリッシュの効率的な勉強方法

まず、ネイティブイングリッシュには次の教材が入っています。

・リスニングCD(英語のすぐ後に日本語が流れる)
・スピーキングCD(日本語のすぐ後に英語が流れる)
・テキスト

効果的にこの教材を使うのは、スピーキングCDを中心に使うのが良いです。

スピーキングCDの使い方は次の通りです。

①スピーキングCDを興味があるシーンから聴き始める
②そのシーンを繰り返し、日本語の後に英語をすぐに頭で訳せるようにする
③英語が流れるのと一緒に声に出して発音する

これを各シーンで完全にできるまで繰り返していきます。

これを繰り返すと、覚えたシーンは実際にそんなシュチュエーションがきた場合でもとっさに英語が出るようになります。

もちろん、初心者が最初から訳すのは不可能なので、テキストも併用して「覚える」という感覚から始めましょう。

繰り返していくうちに、自然と訳せるようになっているはずです。

ネイティブイングリッシュのやってはいけない使い方

やってはいけない使い方というのは次の2点です。

・リスニングCDだけ使う
・声に出さずに聞き流すだけにしてしまう

やってはいけない使いか①リスニングCDだけ使う

リスニングCDだけ使うのはNGです。

なぜなら、リスニングCDは英語→日本語の順序で流れてくるため、話す力がつきません。
話す力がつかないと、英語で日常会話ができるようには到底なりません。
聞き取るだけで良いというのであれば、リスニングCDだけでも大丈夫ですが、実践的ではないのと、スピーキングよりも考えなくて済むので英語の上達速度が遅くなってしまうのであまりオススメはできません。

やってはいけない使いか①声に出さずに聞き流すだけにしてしまう

スピーキングCDを使う時は、必ず声に出して話すようにしましょう。

聞き流すだけになってしまうと、「できた気になってしまう」のですが、実際の実践では何の役にも立ちません。

必ず、繰り返し声に出すようにしましょう。

ここで紹介した方法をしっかり実践すれば、初心者でもみるみる英会話が上達していくはずです。

まずは60日間の返金保証期間でしっかりと試してみて効果を実感してみてください。